【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

食生活で汗の臭いが変わる



汗の臭いがキツクなってしまう食べ物

なんだか臭いがする。

もしかして、自分から臭っているのかも!と不安を感じたことありませんか?

汗はニオイがするから、なるべく汗をかかないようにしたりしますよね。

お天気や気温によってはジメジメした蒸し暑さを感じたり、猛暑日のような暑さもあったりでホント辛いです。

人は暑くなると汗をかきますが、汗のニオイは人によって違いがあるのはご存じでしょうか?

最近では汗への効果が期待できる制汗スプレーや汗拭きシートなどの汗対策グッズが多く販売されているので目的に合わせて使い分けるることもできます。

ですが、汗腺から出てくる汗をしっかりと拭き取っても、根本的なニオイの元が改善されなければ汗のニオイは続いてしまうんですよね。

「あの人、汗クサイ」なんて噂をされたり思われたくないですよね。

スメハラという言葉があるように、汗のニオイには気を付けたいものです。

今回は、汗のニオイ対策としてたくさん食べると汗の臭いがキツクなってしまう食べ物をご紹介したいと思います。

外食

外食は、塩分や糖分が多く含まれていることが多いです。
塩分を多く摂ると、内臓脂肪や肥満の原因にもなります。
余分な塩分は、血液中や汗として排出され、ニオイの元となります。

偏った食生活

肉・牛乳・チーズなどの動物性たんぱく質は、食べ過ぎると脂質の分泌が増え、汗やニオイの元に。
消化するのに時間がかかるので、腸内へ送られるまでに様々な物質に変化し、体臭にも影響を与えてしまいます。

ニオイが強い食べ物

にんんく・にら・ねきなどは、たくさん食べると口臭だけではなく汗も臭うようになります。
ニンニク・ニラ・ネギには、臭いの物質アリシンが含まれているので、それが血液から全身に周り汗として排出されます。

インスタント食品やスナック菓子

インスタント食品やスナック菓子は時間がたつことで酸化しやすく、過酸化脂質へと変化し腸内環境を悪化させてしまいます。
そのことにより、悪玉菌が増加し体臭や汗のニオイの原因となります。

香辛料が強いもの

カレーやキムチなど、辛いものの食べ過ぎには注意しましょう。
香辛料が強い食べ物は辛い物が多いですよね。
体温が上がることで汗の量が増え、ニオイも臭くなりがちです。

アルコール

アルコールをたくさん飲むという方!要注意ですよ!
消化しきれないアルコールは汗として体外へと分泌されるのです。
お酒は代謝される時に、強い刺激臭を発生させるそうです。
それもニオイの元に。
お酒の飲み過ぎには注意が必要ですね。

食生活を改善するだけでも、汗のニオイは変わってきます。

バランスのよい食事を心がけ、生活習慣を見直してみてください!