【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

精神発汗の汗はドロドロ汗



精神的なことが原因で汗をかく精神発汗

精神発汗って聞いたことありますか?

字を見ただけでなんとなくイメージできると思います。

私達が汗をかくのは、体温が上がったときの温熱性発汗・辛いものなどを食べた時の味覚性発汗・緊張やストレスなどでの精神性発汗の3つに分けられます。

精神性発汗はどうして起こるのでしょうか。

精神性発汗は、読んだ通り精神的なことが原因で汗をかくことになります。

特に暑さを感じていなくても、辛いものを食べていなくても精神的にストレスがかかったことによっていつでも発汗します。

同じような状況でも、汗をかく人とまったく汗をかかない人がいますよね。

たとえば、バイトの面接中だったり仕事の会議中、恐怖でドキドキする映画を見た時など他にもたくさんのことがあると思います。

精神性発汗で滝のように流れる汗が出てくるのはなぜなのでしょうか。

それは理由は1つではないですが、自分で意識していなくてもだいたいは潜在的な不安感や過敏に緊張してしまうことが原因です。

緊張する場面に合ったとき、「もしかしたら汗をかいてしまうかもしれない」ということが心配になり、そのことで汗が出てきてしまい、ますます大量の汗をかく・・・という汗が汗を呼んでしまう状況に陥ります。

それによって、滝のような汗となるのです。

精神性発汗で汗をかきやすいと言われている場所はどこなのでしょうか。

精神性発汗のとき、よく顔から汗が出てくるということが知られています。

ダラダラと流れるような汗が出てきますよね。

辛いものや酸っぱいものを食べた時にも顔から汗が出てきます。

味覚性発汗の場合は、ドッと吹き出すように汗が出てくるという特徴があります。

ワキ

精神性発汗のとき、ワキに汗をかくのも特徴の一つです。

映画などでもそのように表現されることがありますよね。

他にも緊張によって手のひらや足の裏に汗をかくこともあります。

運動後や岩盤浴などの後のサラサラの汗は、さわやかに感じますよね。

汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類がある

汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。

普段の汗をかくというのはエクリン腺からの汗になります。

もう一つのアポクリン腺は、ほとんどの場合ワキに集中しています。

ここから出る汗はワキガの元や原因となります。

ワキ汗には2つの種類があります。

1つ目はアポクリン腺からの汗、ワキガ多汗症。
2つ目はエクリン腺からの汗、精神性発汗多汗症。

エクリン腺からの汗は臭わないのですが、ワキガ多汗症と組み合わさることによってニオイが発生してしまうこともあります。

この精神性発汗の解決方法は、簡単に言うと「不安に思っていることをなくすことで解決できる」のですが、言葉では簡単に言えますが実際は違うんですよね。

今悩んでいることは「汗」なのですから、汗が出てこないようにしないと不安はなくなりません。

根本的に汗を止めるには、それへの効果を期待できる制汗剤「デトランスα」をオススメします。

「デトランスα」は、肌に直接塗るロールオンタイプとなっています。

汗腺へ制汗剤が浸透しやすいので、効果を実感することができますよ。