【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

エクリン腺



エクリン汗腺ってなに?

汗が分泌される部分を「汗腺」と言います。

汗腺から出る汗は1種類だけと思われがちですが、本当は1つだけではありません。

実は汗腺は2種類あるのです。

それは、「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。

エクリン腺、アポクリン腺は汗の場所・色・ニオイなどそれぞれ違いがあります。

ここでは、エクリン腺のお話しをしたいと思います。

エクリン腺の特徴

エクリン腺は、体全体に広く存在している汗腺です。
全身で約200万から300万個もの数が存在します。
特に多くあるのは、頭・顔・背中・手のひら・足の裏などになります。
この部分が汗ばみやすいのは、エクリン腺の数が集中しているためです。
私たちのほとんどの汗は、エクリン腺から出ているものです。
汗の色は、無色透明。
エクリン腺から出てくる汗の約99%以上は水分なので、ほぼ無臭になります。
残りの約1%の成分のほとんどは塩分で、少量のカリウムが含まれる場合もあります。
エクリン腺が活発に働いている人が、「汗っかき」体質になります。

エクリン腺の働きや機能

エクリン腺から汗が出るという作用は、運動をした時や気温が高くなって体温が上昇した時などになります。
体が熱さを感じると、脳からエクリン腺に体温を下げるように指令が下ります。
指令されたエクリン腺は、汗腺から汗を出すことで体の表面の熱を逃がすことで体温を下げるのです。
そのため、気温の高い真夏や運動をした時などは体温が上がるので汗をかきやすくなります。

発汗の種類

①体温調節のための発汗
エクリン腺は、身体の体温調節を助ける役割になります。
体温調節をするときの汗のかき方は、頭→額→背中→身体全体→手・足となります。
汗の量は、体温調節中枢によって決められます。

②精神性発汗
恐怖感・不安感などの精神的ストレスが原因で汗をかくこともあります。
精神的ストレスが原因の汗のかき方は、手のひら・足の裏・ワキ→他の身体の部分となります。
このような刺激を受けての汗は、何度も経験することで慣れてきて徐々に汗が減ってきます。
精神性発汗が生じた時は、アポクリン腺も刺激を受け汗が出やすくなります。

③味覚性発汗
辛いもの・酸っぱいもの・熱いものを食べた時に汗が出ることです。
食べるものによっての汗なので、発汗してしまう理由がはっきりと分かっています。
そのため、味覚性発汗は汗をコントロールしやすいのが特徴です。

エクリン腺からの汗は、生理的現象での発汗がほとんどになります。

汗が大量に出る多汗の場合も、ほとんどの場合がエクリン腺からの汗となります。