【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

アポクリン腺



アポクリン汗腺に

カラダの一部分にあるアポクリン腺。

ここではアポクリン腺のお話しをしようと思います。

アポクリン腺の特徴

アポクリン腺は、ワキ・おへそ・乳輪・肛門周辺・耳の穴などに存在する汗腺となっています。

色は少しだけ黄色く、アポクリン腺から分泌された汗には初めからニオイ成分が混ざっているんですね。

アポクリン腺はアルカリ性。

約70~80%の水分と、タンパク質・脂質・アンモニアなどの成分が含まれています。

さらにアポクリン腺からの汗に皮膚にある雑菌がつくと、汗に含まれる脂肪酸が分解され、独特のニオイが発生します。

この独特のニオイのことを「ワキガ」と言います。

ワキガ体質の方は、アポクリン腺が多かったり活発に働いていると言えます。

アポクリン腺の働き

アポクリン腺の量は、遺伝もありますが人種や人によって差があります。

体温の調節だけではなく、体臭の原因となるニオイのある物質を作り出すことにあります。

アポクリン腺は、思春期頃から発達し加齢と共に衰えていきます。

アポクリン汗腺からの発汗は、エクリン腺と同じく精神性発汗のときに多くあります。

アポクリン腺からの汗の成分

アポクリン腺からの汗は、ベタベタと粘りがあり、乳白色または黄色っぽく見えます。

アポクリン汗腺から分泌された汗が皮膚表面に出てきたときに雑菌と混ざり合うことでよりきついニオイが発生されます。

アポクリン腺からの汗が、乳白色または黄色っぽくなっているのは脂質とタンパク質が含まれているためです。

これらが体臭やニオイの元、「ワキガ」です。

ワキガの原因はアポクリン腺からの汗と皮脂についている常在菌の繁殖

ワキガの原因は、アポクリン腺からの汗と皮脂についている常在菌の繁殖です。

ワキガの特徴のとして

・洋服のワキ部分に黄色く汗ジミができる
・ワキ毛が濃い
・両親どちらかもしくは両親がワキガ
・耳垢がしめっている

などです。

ワキガの特徴は、独特なニオイになります。

このニオイには、個人差があってみんな同じニオイではありません。

よく言われているニオイは、

玉ねぎのニオイ
鉛筆の芯のようなニオイ
香辛料クミンのニオイ
雑巾のニオイ
生乾きの洗濯物のニオイ

など様々です。

また、「例えようのないニオイ」ということもよく言われています。

汗クサイ臭いとは違う、といのがワキガの特徴となります。

臭い対策として

自分でできる対処方法として、まずは食生活を見直しましょう。

肉類中心の食生活だとしたら、油っぽいものは控え野菜を多く摂るようにするだけでも効果があります。

また、汗をかいたら着替えたりすぐに拭きとることでニオイは軽減されます。

運動不足を認識しているなら、週に1回は汗をかく運動をするように心がけましょう。

ニオイや汗をすぐにでも止めたいのなら、制汗剤を利用することも良いでしょう。