【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤
【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤 > 子どものワキ汗 > 思春期の子供を傷つけずにワキ汗対策をするには?

思春期の子供を傷つけずにワキ汗対策をするには?



親御さんがしっかりとニオイ対策をしてあげる

子どもはいつでも元気いっぱい!新陳代謝が活発で、汗もたくさんかきます。

もちろんワキ汗もたくさんかきます。ワキは体の中で1番汗をかく場所。

小さい時にはそれほど気にならなかった汗の量も、思春期の小学校高学年から高校生の頃になると、子どものワキ汗やワキのニオイが気になってきますよね。

子どもが中学生や高校生なら、自分で気にして親に相談したり自分で対策をしたりすると思います。

ただ、小学校高学年の頃は1番難しい時期となるのではないでしょうか。

成長期を迎え、身長や体重が増えワキの臭いも出てくる頃。

子ども本人は、心がまだまだ幼いので自分のニオイが気になったり気を使ったりはしません。

汗の臭いやワキ汗が酷いと学校でいじめの対象になったり、いじめらはしていないけど心配になってしまうものです。

親御さんがしっかりとニオイ対策などの対応をすることで解決することもあります。

手術は再発の可能性がある

自分の子供のワキ汗が気になって、多汗症手術を考えている方もいらっしゃると思います。

けれど、手術はちょっと待ってください!

思春期の手術は再発が心配されるので、オススメすることはできません。

ましてや部分麻酔での手術になるので、音や手術室の雰囲気で、お子さんが怖い思いをしてしまいます。

ワキガの基本的なニオイ対策は、いつもワキを清潔に保っておくということです。ちょっとでもワキ汗をかいたな~と思ったら、すぐに拭くことです。

その時に、乾いたタオルではなく濡れたタオルで拭くのが良いでしょう。洋服にもニオイや汗が染みこんでいるので、着替えるのもベストです。

子どものワキ汗やニオイにおすすめのデオドラント製品

子どものワキ汗やニオイに気になったら、デオドラント製品などを使ってみるのもよいでしょう。

ワキ汗が多いという悩みの場合は、汗を抑える制汗剤が良いです。ニオイが気になるという場合は、わきがに効果がある制汗剤がオススメです。

ただ使うのが子供なので、制汗剤の成分には注意が必要です。肌に優しい成分が入っている制汗剤を使用するようにしてくださいね。

思春期の頃のニオイや汗の原因は、食生活や生活習慣が原因の場合もあります。

食事はお肉や脂質の多いものばかりではなく、野菜や魚中心でバランスのとれた食生活を。

できるだけ、規則正しい生活ができるように声を掛けたり見守ったりしてあげることも大切です。