【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤
【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤 > 女性のワキ汗 > 40歳を過ぎてから気になり始めたワキ汗

40歳を過ぎてから気になり始めたワキ汗



40歳を超えてからの「汗の悩み」は更年期障害の一つ

今まで汗っかきではなかったのに、40歳をすぎた頃から急に汗をかくようになってきた。

脇の汗臭さが気になり始めてきている。

という悩みを持っている方がたくさんいらっしゃいます。

この40歳を超えてからの「汗の悩み」は、更年期障害の一つと考えてよさそうです。

更年期障害は時間が経つことで治まりますが、数か月で終わる方もいれば10年以上汗の症状が続くという方もいます。

できることならすぐにでも終わってほしですが、もしも長く続くようであればなんとかして悩みを解消したいですよね。

女性なら年齢は関係なく、見た目やニオイには敏感に感じます。

周りの人にどう思われているか、どう見られているかとても気になってしまいます。

更年期障害は完全になくすことはできませんが、ワキ汗を改善する方法はありますので試してみてくださいね。

更年期障害ってなんだろう?

更年期障害ってどんなことが起こるのでしょうか。

更年期障害は、40代~50代のほとんどの女性に起こるとされています。

加齢とともに卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

このエストロゲンは急激に減ってしまうので、ホルモンバランスが崩れ自律神経にも影響がでてしまうのです。

自律神経は、発汗・心臓を動かすこと・血液の流れなどの自分が意識して動かせない機能をつかさどっています。

このことから、自律神経が乱れると心と身体のコンディションが崩れてしまうのです。

主な症状は発汗・動悸・息切れ・イライラなどになります。

急に汗が湧き出てくるホットフラッシュ

更年期生涯の症状で多いのは、汗の量が増えることです。

暑いと感じてないのに、急に体が火照ってきてドッと流れる汗が顔と上半身に汗をかいてしまう、朝起きたら汗だくだったなど汗に関する機能が上手に働かなくなってしまいます。

これが「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状です。

更年期障害が原因で上半身に汗をかきやすいのは、活発に働いている汗腺が上半身に多いからです。

汗をかくことで汗ジミもきになりますが、ニオイも気になりますよね。

更年期障害で出る汗のニオイは、それまで出ていた汗より強いニオイが出ると言われています。

汗を分泌する汗腺が上手に機能しなくなり、濃い汗が溜まるのが原因なのです。

しかも、更年期障害が出てくる時期にかく汗は、アンモニアなどの成分が含まれていることがあります。

アンモニアと聞くだけで、ニオイが強くなりそうな感じがしますよね。

濃い汗が出るということは、ベタベタして乾きにくいのでニオイが残りやすくなるのです。

更年期障害に起こるワキ汗は、普通の時に出てくるワキ汗とちょっと違う特殊なパターンになります。

一番の改善方法は、女性ホルモンを整えることが重要ですが、その他の改善方法は通常のワキ汗と変わりありません。

更年期障害に負けない体作りをしていきましょうね!