【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

女性のワキ汗対策方法



ワキ汗を抑えられるワキ汗対策方法

気温が高くなり薄着の季節になってくると特に気になるのがワキ汗。

シミになっているかも・・・と思うと、うっかり腕を上げることなんてできません。

おしゃれを楽しみたくても、できるだけ汗が目立たない色の洋服を選びがちになってしまいませんか?

せっかくの暖かい季節なんだから、薄い色の洋服をもっと着たい!と思ってもワキ汗が目立つのはイヤですよね。

ふとした瞬間にワキに大きな汗ジミができていた、なんてことがあったら時すでに遅しって思ってしまいます。

ホントに恥ずかしい思いをしてしまうワキ汗。

彼とのデートの時にワキ汗がダラダラになってしまった、大切な場面でワキ汗がバッチリ目立ってしまった、ってことは絶対に避けたい!

どのようにすると、効果的にワキ汗を抑えることができるでしょうか。

ワキ汗対策グッズを活用する

たくさんあるワキ汗対策グッズは、簡単に購入できるので気軽にワキ汗対策を始められます。

汗わきパッド

根強い人気があり、利用している人が多い汗わきパッド。

服のワキ部分にパッドを張付けて、出てくる汗を吸収し汗ジミを防いでくれます。

たくさんの種類があり、インナーに貼るタイプ・下着に装着するタイプ・肌に直接貼るタイプなどがあります。

汗が洋服に染み出ることや、汗が黄ばみになってしまうことを防ぐことができます。

キャミソール専用や極薄タイプがあるので、服を選ぶことがなく使いやすさも良いです。

汗対策インナー

汗パッドが付いているインナーもオススメです。

使い捨てタイプの汗わきパッドはずれたり、コツを掴むまで付けるのに時間がかかったりしますが、肌着に最初から汗ワキパッドが付いていると安心ですね。

形も、キャミソール・チューブトップ・スリップタイプ・三分袖・半袖など、選択肢も多くなっています。

様々な種類を使い分けることで、好きな洋服を着ることができますね。

制汗剤で汗の量を抑える

ドラッグストアなどで簡単に手に入る制汗剤。

汗やニオイを抑えてくれます。

汗の量だけに関しては、スプレータイプより直接塗るロールオンタイプの方が効果に期待できるようです。

直接塗ることで効果が行き渡りやすく、汗やニオイをしっかりと抑えてくれます。

汗は気にすることで、緊張から余計にドッと吹き出してくることもあります。

それならば「気にしなければいい」ということはわかっているけど、気にしないでいるのは難しいことですよね。

汗が出るのは健康ということです。

ワキ汗対策をしているという安心感から、ワキ汗が抑えられてきたということもあるようです。

まずは、しっかりとワキ汗対策をして気持ちを落ち付くようにしましょう。