【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

多汗症対策・改善方法



気になる汗はどう抑えればいいの?

ワキの汗が多くて悩んだことはありませんか?

暑くもないし、運動もしていないのにワキ汗で服がベチャベチャになっていたり、緊張する場面でワキから大量の汗が流れ出てきている・・・こんなことになると困るんですよね。

中には1日中、ワキが濡れっぱなしという方もいるのではないでしょうか。

このような異常な汗の量であれば、ワキの多汗症(腋窩多汗症)の可能性があります。

また、いつもはあまりワキ汗をかかないのに、緊張すると大量のワキ汗が出てくるようであればワキの多汗症かもしれません。

ただ、緊張や不安を感じると誰でもワキから汗が出るのは普通のことです。

多汗症で問題になるのは、汗の量になります。

ワキ汗が多いだけなら、手術や治療は必要はないでしょう。

制汗剤を使ったり、汗対策グッズの使用での対策でOKです。

ただし多汗症と思われる症状があるなら、専門医に相談をすることをオススメします。

ワキの多汗症をすぐにでも治したい!と思ったら、手術以外の方法は見つからないようです。

ただし手術を選択することは、すぐに決めないで慎重に医師と相談しながら決めると良いようです。

手術をするには、費用がかかり、傷跡も残ってしまいます。

また、ワキガの治療とは違い、皮膚の近くに汗が出てくるエクリン腺があるので除去手術は難しいのです。

手術後トラブルで、傷・黒ずみ・肌荒れなどになるリスクが高くなっています。

手術以外の方法では、メンタル面による多汗症ですと精神安定剤を処方することもあります。

また、ボトックス注射をすることで脳から汗を出す指令を出さなくする方法もあります。

ボトックス注射は1度で3~6ヶ月ほど効果があるようです。

おすすめのワキ汗対策方法

ワキの多汗症を病院での治療や手術をしないのであれば、ワキ汗対策をしっかりとしましょう。

汗ワキパッドを使う

ワキ汗で困ってしまうことの一つが、洋服にできる汗ジミです。

汗をかいたままで放置しておくと、汗を吸収した場所が黄色く変色してきてしまいます。

お気に入りの洋服が着られなくなるのは、とても残念ですよね。

そのようなときには、市販で売られている汗ワキパッドを使ってみましょう。

洋服に付けるタイプ、肌に直接貼るタイプなどがありますので気に入った方法を試してみてください。

汗とりパッドが汗を吸収してくれるので、汗ジミの心配をすることもなく安心して動くことができます。

ワキ汗インナーを活用する

汗を吸収してくれるパッド付きのインナーが販売されています。

種類が豊富で、キャミソール・半袖・三分袖・七分袖などがあります。

ワンサイズ小さ目を選んで、肌にピタッとくっつくようにするのがポイントです。

制汗剤を使う

スプレータイプ・ロールオンタイプ・クリーム・スティックなど、さまざまな特徴がある制汗剤が販売されています。

肌にしっかりと付き、汗を抑えニオイも軽減してくれるロールオンタイプがおすすめです。