【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

多汗症の人は体臭を発しやすい



汗をかけばかくほど体臭を発しやすい

自分のニオイって、なかなか気づかないですよね。

汗のニオイ・体臭・口臭・・・人それぞれのニオイがあります。

いい香りは理想なんだけど、汗臭いのは嫌ですよね。

夏になるととっても気になる汗のニオイ。

多汗症で悩んでいる人の中には、洋服に染み出るくらいの汗をかいているから同時に体臭もしているのではないか・・・と不安に思っている方も少なくないですよね。

ワキに多量の汗をかいてしまうワキの多汗症(腋窩多汗症)の場合、もしかしらワキガかもしれないと心配になっている方もいらっしゃると思います。

多汗症は、大量の汗をかくのでニオイが気になりますよね。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、多汗症の汗はエクリン腺から出てくるのでニオイの発生はありません。

しかし実際には多汗症の方で「自分から出ているニオイを自覚している」「1日着ていた服が臭う」という方もいます。

多汗症の汗はニオイがないはずなのに、どうしてニオイを感じてしまうのでしょうか?

汗のついた洋服に雑菌繁殖している

ワキから臭いが発生している原因は汗だけではなく「洋服」からニオイが出ているという場合もあります。

エクリン腺から出る多汗症の汗は、基本的には無色透明になります。

しかし、汗がついた洋服をそのままにしておくと雑菌が繁殖しニオイ発生の原因になってしまうのです。

多汗症の方のワキは汗をかいて蒸れていることが多いので、雑菌が繁殖しやすいのです。

その雑菌が洋服の線維の奥まで入り込み、ワキの部分だけ臭う!というということがあるのです。

ワキが黄ばんでいたり、何年も着ている洋服のニオイは注意ですよ!

ワキ汗をかいていないのに、なんとなく臭うという時は、着ている洋服を疑ってください。

雑菌が繁殖して臭いを発生している洋服は、念入りに洗濯をすることをオススメします。

固形石鹸で手洗いをして汚れを浮かせてから、洗濯機で洗うと汚れが落ちやすくなりますよ。

良い汗をかけるようにする

汗は、「良い汗」と「悪い汗」の2種類があります。

悪い汗には、タンパク質やアンモニアなどの成分が含まれているので嫌な臭いを発生させやすくしてしまうのです。

悪い汗をかく人は、運動不足だったり、24時間空調管理がされている場所で過ごすことが多く、汗をあまりかかない環境の方が当てはまります。

多汗症の場合、汗をかかないということはないのですが運動不足だと思われている方の場合悪い汗のことが多いのです。

適度な汗をかけるウォーキングなどの運動を習慣にすることで、良い汗をかきやすくなりニオイの予防にもなります。