【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

多汗症って病気なの?



多汗症は汗が多くでる病気

体質で汗っかきという人はたくさんいますが、汗が原因で人目が気になったり、普段の生活の中で困るほと汗が出てくるという場合は「多汗症」という病気になります。

多汗症の中でも、ワキの多汗症のことを「腋窩多汗症(えきかたかんしょう)」と言います。

腋窩とは、ワキのことです。

ワキは汗が出てくる汗腺が多く、緊張や不安などの精神的ストレスや気温や運動による熱ストレスなどで汗が促されるためたくさんの汗をかきやすい部分なのです。

腋窩多汗症かどうかのチェック基準は2つあります。

チェック1

原因不明でたくさんの汗が出る状態が半年以上続いていることになります。

チェック2

2つ以上当てはまるものがあれば、ワキ多汗症の可能性があります。
・日常生活に支障があるくらい多量の汗が出る
・両手、両足、両ワキというように、多汗症の症状が左右対称
・汗が多い症状が週に1回以上ある
・就寝中の汗の量は気にならない程度
・25歳以下で、周りの人より汗をかくと気づいた
・祖父母、両親のどちらかに多汗症の人がいる

1日中ワキの汗が止まらなかったり、ワキ汗が服に染み出ているならワキの多汗症の疑いが高いです。

緊張した時だけ大量にワキ汗が出てくる場合は、一時的な多汗症かもしれません。

多汗症と気づくキッカケは、暑くもなく運動をしていないのにワキが濡れていたり、緊張していないのに汗が出ていたり、服のワキ部分がベッタリしているなどがあります。

多汗症は、汗の量が目に見えることが多いので非常にツライものですが、周りの人に悩みをわかってもらいにくいものです。

多汗症の本人も病気と気づいていないこともありあす。

もしも多汗症かも・・・と思ったなら、病院で専門医の診断や治療を受けることをオススメします。

多汗症は何科を受診したらいいの?

多汗症の治療をするには、何科を受診したらよいのでしょうか。

多汗症の治療にはたくさんの選択がありますので、汗が気になる場所や汗の量によって変わってくるようです。

皮膚科・美容形成外科・精神科・ペインクリニックなどで治療を受けることができます。

多汗症の治療はいくつもあるので、あなたに合った方法をじっくりと選びましょう。

いくつかの診療科を受診することも良いですね。

多汗症の悩みを解決できるデトランスα

そこまでしなくても、手軽に簡単に汗を止めたい!という方にオススメなのが「デトランスα」という制汗剤です。

1日に1回デトランスαをワキに直接塗るだけで汗を止めることができます。

気になるニオイにも対応。ワキ汗に悩んだらぜひ使ってみて下さい。