【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

多汗症ってなに?



多汗症は体温調節が必要ではないときに大量の汗をかく病気

暑くないのに汗がダラダラ
緊張すると滝のように汗が流れる

普段の生活で困ってしまうほど汗が出る症状の「多汗症」。

汗は、体温が上がりすぎるのを防ぐために熱を発散させています。

また、人前に出て緊張しているときや、失敗することを心配しているときなどにも汗をかくこともあります。

多汗症は汗っかきと同じに思われがちですが、多汗症と汗っかきは全く違う症状になります。

多汗症も汗っかきは、大量に汗をかくということだけ共通しています。

汗っかきは、運動をしたときや暑いと感じたときに大量の汗をかき体温調節をします。

多汗症は、リラックスしていたり全く暑さを感じていなく体温調節が必要ではないときに大量の汗をかく病気になります。

多汗症と汗っかきの判断は非常に難しく、専門の医師でないと判断できないようです。

汗をかくという働きは、身体的にはとても大切なことです。

1滴も汗をかかないという人はいないですし、どのくらいが普通の汗の量でどのくらいの汗が多汗症になるかという基準はハッキリとしていません。

ひと言で多汗症といっても、さまざまな症状や場所になります。

汗の程度も、少しにじむくらいから流れ落ちるものまであるので、自分で多汗症と結論を出すことはできません。

多汗症の種類

多汗症には、全身性多汗症と局所性多汗症の2種類があります。

全身性多汗症

その名の通り、全身に大量の汗をかいてしまう多汗症のことです。

全身性多汗症の方は多汗症にかかっている方全体の約10%ほどと少なく、病気が比較的原因となっていることが多いのでただの汗っかきだけではありません。

糖尿病・リウマチ・甲状腺機能亢進症・副腎腫瘍・結核・婦人病・更年期症状・ホルモンバランスの乱れなどが原因で発症すると言われています。

局所的多汗症

全身には汗をかかないけど、体の一部のみに大量の汗をかいてしまうのが局所的多汗症です。

さまざまな場所がありますが、多汗症の約90%の方がこの局所的多汗症になります。

汗の症状は個人差があり、にじむ程度からダラダラと流れる程度、その時々によって症状が変わる方もいます。

局所多汗症の種類
・手掌多汗症→手の平に異常な量の汗をかく症状
・足蹠多汗症→足の裏から以上な量の汗をかく症状
・腋窩多汗症→ワキに異常な量の汗をかく症状
・東部多汗症→頭から異常な量の汗をかく症状
・顔面多汗症→顔から異常な量の汗をかく症状

局所多汗症は、手だけ、足だけ、というようにその部分だけ汗をかくのではなく、顔とワキ・手と足の裏といように2~3か所から汗が出るという症状もあります。