【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤
【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤 > ワキ汗悩み解決方法 > 冬なのにワキ汗を大量にかく、その解決方法

冬なのにワキ汗を大量にかく、その解決方法



冬も夏と同じくらいの汗をかいている

冬は寒いですし、汗もそんなにかかないと思われがちですが実際は多くの汗をかいているんですよ。洋服をいつもより多く着ている、気温が低いという事でただ汗が目立っていないだけなんです。

冬は洋服を何枚も重ね着をしているので汗が表面上に出てこないんですね。家に帰った時にその日着ていたシャツを見てみてください。きっと汗ジミができているはずです。

洋服の中には熱がこもりやすく、大量の汗をかいているんですね。特に身体の中でもっとも汗をかくと言われているワキの部分は夏と同じくらいの量の汗をかいていると言われています。

このように冬でもワキ汗は大量にかくんですよね。夏に比べるとワキ汗で悩んでいる方は少ないようですが、油断はしてはいけませんよ。

ワキ汗が原因で洋服に汗ジミができたり、最悪の場合は臭いを発してしまう事もありますからね。

なぜ冬なのに汗を大量にかくの?

冬なのになぜ汗をかくのかという疑問を持っている方も多いと思います。

まず室外と室内の温度差が大きい事が挙げられますね。

よくあるのが買いもの時です。外に出るためにコートなどを着込んで防寒しますが、室内に入ると温かいですよね。温かい状態で防寒をしている訳ですから体温は上がってしまい、汗がでるんですね。

また、買いものには30分以上はかかりますよね。コートなどを着込んだ状態で温かい室内を30分以上歩くとそれは汗がでてもおかしくはありません。

このように室外と室内の温度の差も冬に大量の汗をかいてしまう原因になります。

冬はついついワキ汗対策を疎かにしてしまう

私も過去にワキ汗に悩まされていたのですが、冬はついつい対策を疎かにしてしまう傾向にありました。

薄着になる事もないですし、汗が気になる事も少ないですよね。それにワキ汗をかいていてもなかなか自分で気付かないんですよね。私と同じような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、先ほども述べましたが冬でも大量の汗をかいているんですよね。

ふと気づくと洋服に汗ジミができていた、身体からなにか臭いがする、など気付いた時にはもう手遅れという時が何度かあったのを覚えています。

冬のワキ汗対策はどうすればいい?

冬のワキ汗対策も夏と同じことをすればいいと思います。

私の場合はデトランスαという制汗剤を愛用していますよ。デトランスαは海外で生まれた制汗剤になり、高い制汗力を期待する事ができますので冬でもワキ汗の量を抑える事ができていますよ。

デトランスαを利用してワキ汗の悩みを解決できている方も多いですので、まだデトランスαを利用した事がないという方には是非、一度試してもらいたいと思います。ワキ汗で悩んでいる方のこころ強い味方になってくれる制汗剤ですよ。

また、冬は薄着になる事も少ないですのでワキ汗パットやインナーも活用する事ができますね。ワキ汗パットやインナーはワキ汗の表面上の対策になりますが、洋服にできる汗ジミを防ぐ事ができますのでワキ汗対策のひとつとして頭に入れておいてもらいたいと思います。