【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

日頃着ている服が黄ばんできたら注意!



汗ジミが黄ばむのは汗に臭いの成分が含まれているから

ワキ汗がひどいと当然ですが衣類には汗ジミができます。

汗ばむ夏はもちろん、衣類を重ね着する事が多い冬の時期でも汗ジミができてしまう事もありますよね。

この汗ジミで悩んでいる方も多いですが、もっと深刻な悩みを抱えている方もいるんですね。

それが『汗ジミの黄ばみ』です。

汗ジミを放っているとその部分が黄ばんできたという経験をお持ちの方も少なくはないと思います。

汗ジミが黄ばむという事は汗自体に臭いの成分がたくさん含まれている証拠なんですね。

もしかすると汗ジミの黄ばみだけではなく、臭いを発している可能性もあるので注意が必要ですよ。

自分の臭いはなかなか気付きにくいという事もあり、細目にワキ汗をケアする事が大切です。

ワキの清潔を保つ、汗をかいたらすぐに拭き取る、デオドラント製品を使って汗と臭いを抑える、などの対策を日頃から行う事ができれば臭いも汗ジミの黄ばみも防ぐ事ができますよ。

汗ジミが黄ばむ理由

服が黄ばむのは汗のせいなんですね。

先ほども述べましたが、汗に臭いの成分が含まれていると汗ジミが黄ばんでしまう可能性が高くなります。

ワキにはアポクリン汗腺という臭いの成分が含まれた汗を分泌する汗腺が多く存在するため、ただでさ臭いの成分が含まれた汗をかいてしまうので服のワキの部分は特に黄ばみやすいです。

白いシャツなどの衣類は黄ばみが目立ちやすいので日頃からワキ汗をかきやすいという方は白い衣類は避け、黄ばみが目立ちにくい衣類を選択する事をおすすめします。

汗ジミが黄ばみやすい人は臭いを発している恐れがある

そして、汗ジミが黄ばみやすいという方はもう一つ注意してもらいたいと事があります。

それは『臭い』です。

汗ジミが黄ばむという事は汗に臭いの成分が多く含まれている事になるので臭いを発してしまっている恐れがあるんですね。

自分の臭いで周囲の人に迷惑をかけている可能性も考えられるので『黄ばみ=臭い』という事も頭に入れておいてほしいと思います。

ワキ汗を抑える事ができるデオドラント

ワキ汗を抑える事ができれば臭い、汗ジミ、黄ばみ、すべてを防ぐ事ができます。

ではワキ汗を抑えるにはどうすればいいのでしょうか?

私がおすすめする方法は『デトランスα』というデオドラントを使用してワキ汗対策を行う事です。

実際に私もワキ汗に悩まされていたひとりで様々な方法でワキ対策を行なってきましたが、デトランスαの制汗力は確かなものと胸を張って言えます。

デトランスαは海外の人向けに開発されたデオドラントで高い制汗力を期待する事ができるんですね。

私もデトランスαを使ってその制汗力にはビックリしましたよ。使ってすぐにワキ汗の量が本当に減ったんですよね。

衣類に毎日できていた汗ジミも日に日に小さくなっていき、今ではほとんど汗ジミはできていません。これだけの制汗力を持ったデオドラントに出会ったのは初めてです。

現在、汗ジミの黄ばみで悩んでいる方には是非、デトランスαの制汗力でワキ汗を抑えて汗ジミ・黄ばみの悩みを解決してもらいたいと思います。