【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤
【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤 > ワキ汗について > 冬だからといって油断してはいけないワキ汗

冬だからといって油断してはいけないワキ汗



冬も夏同様、大量の汗をかいている

ワキ汗が気になる季節はやはり夏ですよね。汗ばむ夏、外を少し歩いただけでも大量のワキ汗が出てきてしまい、臭いや汗ジミの不安もでてきます。

汗は長時間放置していると臭いを発してしまいますし、汗ジミも長時間放置していると黄ばみになってしまう恐れがあるのでワキ汗をかきやすい夏は常に気を遣ってしまいますよね。

しかし、ワキ汗に気を付けなければいけないのは夏だけではないんですね。冬も大量のワキ汗をかいている事はご存知でしょうか。

気温が高くない冬は汗をかかないイメージがありますが実際、大量の汗をかいているんですよ。ただ衣類を何枚も重ねて着ているので汗が気にならないだけなんです。

外に出る時はコートなどを着て防寒対策をしますよね。体感温度は低いですが体内の温度は高くなっているんですね。

そして、夏のように薄着になる事もないですし、肌の露出も減るためワキ汗をかいても気にならないんです。

知らず知らずのうちに大量のワキ汗をかいている恐れもあり、もしかすると臭いを発している可能性だってありますよ。

ワキには臭いの成分が含まれている汗を分泌するアポクリン汗腺が多く存在するのでワキ汗の量が多いとそれだけ臭いを発してしまう可能性も高くなります。

たとえ、服を何枚も重ね着していても臭いはでてきますので自分では気付かない所で周囲の人に迷惑をかけている可能性もあります。

また、冬の時期は汗腺の機能も低下していてドロドロの汗をかきやすくなっています。

ドロドロの汗はサラサラの汗とは違って、臭いの元になる成分が多く含まれていて、より臭いを発しやすく、衣類についた汗もすぐに黄ばんでしまう恐れも出てきます。

このようにワキ汗は冬だからと言って油断してはいけないんですね。夏と同様にワキ汗のケアを行う事が大切ですよ。そして、汗腺の機能を高める事も大切になります。

冬のワキ汗対策方法

先ほども述べたように冬も夏と同様のワキ汗対策を続ける事をおすすめします。

当サイトでご紹介しているデトランスαはワキ汗をしっかり抑える事ができる制汗剤になるので特におすすめですよ。

実際にデトランスαを使ってワキ汗の悩みを解消する事ができた方は多く、デトランスαの制汗力は確かなものだと言えます。

そして、もうひとつ汗腺の機能を高める事も大切ですね。

日頃からできるだけ運動をして汗をかくようにする、湯船にしっかり浸かって身体の代謝を高める、などの事ができれば汗腺の機能も高める事ができサラサラの汗をかけるようになりますよ。

ドロドロの汗にはアンモニアやたんぱく質、脂質、などの臭いの成分が多く含まれているので臭いの原因、汗ジミが黄ばむ原因になってしまうので注意しましょうね。