【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤
【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤 > ワキ汗について > ワキ汗の臭いが最もきつくなる時期は夏ではなく冬

ワキ汗の臭いが最もきつくなる時期は夏ではなく冬



実は冬でも大量のワキ汗をかいている

ワキ汗の悩みは汗ばむ夏場だけではないんですよね。

服を何枚も重ね着する冬も大量のワキ汗をかいているのはご存知ですか?

冬は夏と違って薄着になる事がないのでワキ汗がただ目立っていないだけで実は大量のワキ汗をかいているんですよ。

ワキはただでさえ熱がこもりやすい場所になるので服を何枚も重ね着すると、熱がよりこもってしまい臭いや汗ジミの心配もでてきてしまいます。

その上、冬は寒いという事で汗腺の機能が低下する時期でもあります。汗腺の機能が低下してしまうとベトベトの汗をかきやすい傾向にあり、臭いも発しやすいんですね。

冬だからと言って油断をせずにワキ汗対策をしていきましょう。

冬のワキ汗対策

冬のワキ汗対策も夏と変わらず、制汗剤を使ったり、ワキ汗パットやインナーを活用してワキ汗対策を行なっていきましょう。

冬ですと厚手の服を着る事になるのでワキ汗パットやインナーもかさばらないのでおすすめですね。

でも、一番おすすめできるのは制汗剤でワキ汗を抑えるという事です。

当サイトでご紹介しているデトランスαはワキ汗をしっかり抑える事ができるので冬のワキ汗対策の心強い味方になってくれますよ。

ワキ汗の量が多ければ臭いも気になってきますし、衣類に汗ジミができる心配も出てきます。

ワキ汗自体を抑える事ができればこれらの心配や不安もなくなりますので快適な毎日を送る事ができますよ。

デトランスαについては下記のページで詳しくご紹介しているので一度、目を通して見てください。

⇒気になるワキ汗にデトランスα

冬は汗腺の機能が低下する時期

上記でも述べましたが、冬は汗腺の機能が低下する時期なんですね。

冬は気温も低く身体が汗をかく機会も減りますし、冬はどちらかといえば運動をする機会も減りますよね。また、冬は身体の代謝も低下してしまうので汗をかきにくい体質にもなってしまいます。

汗をかく機会が減ってしまうと汗腺自体も弱ってしまい、サラサラな汗を分泌できなくなってしまうですね。

汗腺が弱っている時はベトベトの汗をかいてしまう事になり、ベトベトの汗には様々な成分が含まれているため汗がすぐに臭ってしまうんです。

ベトベトの汗には臭いの成分が含まれているという事もあり、衣類の汗ジミも黄ばみやすいので注意が必要です。

ですので、汗腺の機能を日頃から高めておくという事も臭い対策のひとつになるんです。

日頃から運動をしたり、半身浴で汗をかいたりして汗腺の機能が低下しないように心がけましょう。