【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

子供のワキガ対策



ワキガで悩んでいる子供もたくさんいる

ワキガというのは大人だけの悩みではありません。ワキガで悩んでいる子供もたくさんいるんですね。

ワキガ体質は親から子供に遺伝してしまい、親がワキガだと子供もワキガ体質の可能性があります。

ワキガの原因はワキに存在するアポクリン汗腺(臭いの成分が含まれている汗を分泌する汗腺)です。ワキガ体質の方はこのアポクリン汗腺が人よりも多く存在し、臭いを発しやすい傾向にあります。

ワキの部分は身体の中でも熱がこもりやすい場所になり、雑菌なども繁殖しやすいため、雑菌と汗が混ざってしまいよりきつい臭いを発してしまう事になるんですね。これがワキガ臭になります。

活発に活動する子供は汗もかきやすく、また汗をかいても気にする事も少ないため臭いも発しやすいんですよね。

特に子供から大人へ成長する9~13歳辺りの時期は身体と一緒に汗腺も成長するため臭いもどんどんきつくなっていきます。

子供にとって9~13歳の思春期の時期はとても大事な時期になり、ワキガや臭いが原因でいじめが起こってしまうとその子供の将来にも大きな影響を与えてしまう恐れもでてきます。

しかし、子供というのは悩みを人になかなか打ち明ける事ができません。また、ワキガ体質の人は自分の臭いに気付かない傾向にもあるので親が子供の悩みを察してあげたり、臭いに敏感にならなければいつまでもワキガを改善する事ができないでしょう。

ワキガ手術をする子供も少なくはない

ワキガは体質な事が原因になるため日頃から身体を清潔にしていても汗をかくとすぐに臭いもでやすいんですよね。

そのため、ワキガを改善するために手術を受ける方も少なくはありません。手術をしてワキにあるアポクリン汗腺を除去する事で臭いを抑える事ができるんです。

ワキガ手術を受ける子供も少なくはなく、ワキガ手術はワキガの悩みを克服できる方法のひとつになります。

しかし、ワキガ手術を受けたからといって必ずワキガを克服できる訳ではないんです。特に身体の成長期にワキガ手術をしてしまうとワキガが再発してしまうんですね。

先ほども言いましたが、子供の思春期の時期は身体の成長時期であり、身体と一緒に汗腺も成長します。手術を受けてアポクリン汗腺を除去しても成長と共にまたアポクリン汗腺が誕生してしまう恐れがあるんです。そうなってしまうと再度、ワキガで悩むことになります。

また、手術には高額な費用がかかりますし、手術方法によっては傷跡が残ってしまう事もあるんですね。

ワキガ手術にはこのようなリスクもあるという事もしっかり頭に入れておきましょう。

ワキガの悩みを解消できるデオドラント

上記でご紹介してきたように子供にワキガ手術はリスクが高いものになります。

できる事なら手術以外のワキガ改善方法でワキガの悩みを解消したいですよね。

そこでおすすめできるワキガ解消方法がデオドラント製品を使うという事です。

現在、様々なデオドラント製品が誕生しています。ドラッグストアにいくと本当に様々なデオドラント製品を見る事ができますよね。

こうしたデオドラント製品にはワキ汗を抑える、雑菌の繁殖を抑える、臭いを抑える、という事を期待でき、ワキガ臭を抑える事ができます。

日頃から身体の清潔を保ち、デオドラント製品を使って頻繁にワキ汗をケアする事ができればワキガ臭も抑える事ができるのでワキガ手術を考える前にまずはデオドラント製品を使ってワキガ対策を行なって頂きたいと思います。

先ほども述べましたが子供のワキガは親御さんがしっかりサポートしてあげなければ改善する事はできません。大事な子供のためにも子供の臭いには日頃から敏感になって改善できる事から改善していきましょう。