【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤
【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤 > デトランスα > デトランスαは肌が弱くても使用できる?

デトランスαは肌が弱くても使用できる?



デトランスαには副作用がある?

ワキ汗や臭いをピタッと止めてくれるデトランスα。ワキ汗で悩んでいる方にとっては頼もしいデオドラントになってくれる訳ですが、実は使用上注意しなければいけない事もあるんですね。

デトランスαは制汗力が高い分、肌に与える刺激が強いんですね。臭いが日本人よりもきついと言われている外国人向けに開発された強力制汗剤になるのでどうしても肌に大きな負担をかけてしまう可能性があります。

私は肌荒れや痒みなどの症状はでませんでしたが、お肌が弱い人や敏感肌の方ですと肌荒れや痒みが起こってしまう場合もあるんですね。

実際にデトランスαを使用した方の口コミを見ても、肌荒れを起こした方や使用直後に痒みが起きたという方もいましたね。

しかし、だからといって肌が弱い人がデトランスαを使用できないのかというとそれは違います。

今では肌が弱い人向けに『敏感肌用のデトランスα』も売られていますし、水に薄めてデトランスαを使用している方も多いです。

肌荒れを起こさないためにも使用方法は守る

デトランスαを使用してワキ汗対策を行う際、まずは自分の肌に合うかを試してみる必要があります。

先ほども述べたように始めは水に薄めて使用して肌に問題がないかを確かめながら使い続けていきましょう。

たとえ、水に薄めてデトランスαを使用しても使い続ける事でワキ汗を抑える事はできるのでお肌が弱い人や敏感肌の方は水に薄めるなど、使い方を工夫してデトランスαを使用していきましょう。

また、必要以上にデトランスαを使用しすぎる事も肌荒れの原因になるので使用方法を間違ってもだめですよ。

デトランスαは寝る前にワキにひと塗りして、朝に拭き取るだけでいいんです。

ワキ汗の量を1日でも早く抑えたいから、すぐに効果を実感したいから、といって必要以上にデトランスαを使用してしまうと肌荒れや痒みが起こる可能性も高くなるので使用方法はしっかり守りましょう。

上記でも述べましたが、デトランスαは制汗力が高い分、お肌への刺激も大きいです。使い方を間違えるだけでも肌荒れ、痒みを起こしてしまう可能性があるので注意しましょうね。

デトランスαの制汗力は他の制汗剤とは違う

私もワキ汗で悩んでいて今までに数多くの制汗剤を使ってきましたが、その中でも最も頼りになった制汗剤がデトランスαでした。

デトランスαは他の制汗剤と違って汗腺に直接作用してくれるのでワキ汗の量をしっかり抑える事ができるんですね。ワキ汗の量を抑える事ができれば臭いも防ぐ事ができ、ワキ汗や臭いで悩んでいた私にとってはまさに救世主といえる制汗剤がデトランスαです。

ワキガで悩んでいる方にもデトランスαはおすすめできる制汗剤になるので一度、デトランスαを試してその制汗力を実感してもらいたいと思います。