【ワキ汗対策】多汗症・ワキガにもおすすめの制汗剤

*

しっかりワキ汗対策を行えばワキ汗の量・臭いを抑える事は可能

ワキ汗で悩んでいる方へ。

今までに色々と脇汗対策を試してきたという方もいれば、特に試したことはないけれど効果の高そうな制汗剤などがあれば試してみたい、という方もいるのではと思います。

ワキ汗がコンプレックスになっているという方も多いのではと思います。

子供から大人まで幅広い年齢層の方がワキ汗で悩んでいますし、お子さんから相談されて悩む親御さんもいらっしゃるかもしれません。

「ワキ汗の量が多くて困っている」
「ワキから嫌な臭いがする」
「すぐ服に汗ジミができてしまう」
「汗や臭いが気になって周りを気にしてしまう」

など、症状や悩みは様々。

私も一時期は夏場が来るのが怖い、という感じがありました。
何をしても脇汗が凄くて、汗染みが出来てしまうんですよね。

そのため電車に乗るときもつり革は使わないで、立っていたり。

脇汗に困る時期は夏だけではありませんが、やっぱり暑い夏は汗の量も多く悩みの季節でしたね。

そうしたワキ汗の悩みですが、これからご紹介する強力な制汗剤で改善されていきました。

強力な制汗剤で、ワキ汗対策をしてみませんか?

ご存じと思いますが、ワキには多くの汗腺があるので汗をかきやすい夏の時期はもちろん、衣類を重ね着する冬の時期でもワキ汗は多く出ます。

ワキ汗は放置し続けていると体臭へと変化してしまう可能性があるため、日頃からケアをする事が大切になりますよね。

しっかりワキ汗対策を行えば、ワキ汗の量を減らす事も可能です。
また臭いを抑える事もできます。

少しでもワキ汗の悩みから解放されると嬉しいですよね。

当サイトでは、ワキ汗の悩み解決方法をご紹介していますので現在、ワキ汗で悩んでいる方のお役に立てばと思います。

よく市販されているワキ汗対策グッズでワキ汗は抑えられる?

現在、様々なワキ汗対策グッズが販売されていますね。

スプレータイプの制汗剤などのデオドラント商品が代表的なワキ汗対策グッズになる訳ですが、他にも女性向けにワキ汗パットやインナーなども販売されており、これらのアイテムを利用してワキ汗対策を行なっている人も多いと思います。

では、これらのアイテムの中でどれが最もワキ汗を抑えるのに力を発揮してくれるのでしょうか。

正直に言いますと、スプレータイプの制汗剤やワキ汗パットやインナーなどのワキ汗対策グッズはその場しのぎの解決にしか繋がらないんですね。

制汗剤は一時的にワキ汗の量を減らす事ができますが、時間が経つにつれて汗で制汗剤が流れてしまい短時間しか力を発揮してくれません。パットやインナーも汗を吸収する役割しかないのでワキ汗を抑える事にはならないんですね。

やはり、ワキ汗を抑えるには根本的な問題に目を向けて対策を行なっていかなければワキ汗を抑える事ができません。

ワキ汗の悩みを即解決してくれる『デトランスα』

そこで、おすすめしたいものが『デトランスα』という制汗剤です。

デトランスαは制汗剤といってもスプレータイプではなく、ロールオンタイプ。
肌に浸透しやすく、汗の元になる汗腺に直接アプロ―チをしてくれるんですね。

汗腺から分泌される汗を抑える事ができればワキ汗の量も抑える事ができ、しっかりワキ汗対策を行う事ができますよ。

実際にデトランスαを利用している人の口コミや体験談を見てみるとその力のすごさがしっかり伝わってきます。

デトランスαの口コミ・体験談は公式サイトで確認する事ができるので一度、公式サイトを確認して口コミ・体験談に目を通してもらいたいと思います。

もしかするとあなたと同じ悩みを抱えている人の口コミや体験談を見る事ができかもしれませんよ。

⇒公式サイトでデトランスαの口コミ・体験談をチェック!

また、デトランスαは気軽に利用できるという事も大きな魅力になりますね。

寝る前に1日1回ワキにデトランスαを塗布するだけでいいんです。これだけでワキ汗の量を抑える事ができるんですね。使うごとにみるみるワキ汗の量が減ってきますよ。

当サイトではデトランスαに関する情報も他のページでご紹介していますので、そちらも参考にしてもらいたいと思います。
現在、ワキ汗で悩んでいる方には是非、デトランスαを利用してワキ汗の悩みを解決する事をおすすめします。

ワキ汗の臭いは何できついの?

汗は身体全身からでてきますが、ワキ汗って結構、臭いがきついですよね。

本来、人間がかく汗はエクリン汗腺から分泌される汗になり、汗自体には臭いはなく、水分が99%、塩分が1%と無臭でサラサラな汗をかきます。ですが、ワキの部分にはエクリン汗腺とは違う汗腺、アポクリン汗腺という汗腺が多く存在していてアポクリン汗腺から汗が分泌されるんですね。

このアポクリン汗腺から分泌される汗には臭いの元になるアンモニアやたんぱく質、脂質が多く含まれているんです。これがワキの臭いがきつい原因です。

アポクリン汗腺の数は人によって異なり、アポクリン汗腺の数が多ければそれだけ臭いも発しやすくなります。ちなみにワキガと言われている人はアポクリン汗腺の数が通常の人よりも多いことがわかっています。

このようにワキ汗にはもともと臭いの元になる成分が含まれているんですね。汗は皮脂や菌、汚れと混ざり合う事でよりきつい臭いへ変わり、短時間で体臭へと変化してしまう恐れもあるので対策は怠ってはいけません。

日本人は臭いに敏感!

日本人は昔から臭いには敏感だと言われており、特に人の体臭に関しては敏感です。ちょっとでも臭いがきついと不快に感じる人は多くいますので日頃から体臭対策をする事は大切です。

最近ではスメハラ(臭いで相手を不快にさせる事)という言葉も誕生していて臭いに気を遣う事は常識になっていると言っていいでしょう。

ただ、自分の臭いってなかなか気づきにくいんですよね。それが体臭の怖い所ですよね。自分の知らない所で相手の事を不快にさせている可能性も考えられるので「自分は大丈夫!」と安心しないで日頃から臭いケアは行っていきましょう。

周囲の人間と良好な人間関係を築くためにも、毎日を快適に生活するためにも、自分の臭いにも敏感になっておく事は重要ですよ。


新着記事